2009年03月11日

価格の分かりやすい「ピープレス」

P.Press(ピープレス)は、自分の趣味的な出版から、全国への書店流通までに対応した個人出版会社です。
公式サイトからも確認出来る「ピープレス」の特徴は、A(書店流通タイプ)、B(プライベート本)、C(記念本)の3つの個人出版プランの中から、好きなプランを選ぶ事が出来る点です。
そして各プランには、価格帯の一覧表が用意されていて、誰でも簡単に料金体制を知る事が出来るシステムとなっています。
また、便利なオプションも幾つか用意されています。
役立つオプション例は、書店流通を目的とした「書店流通オプション」、文章に自信が無い人にリライトやライティング、文字校正等のサービスを提供する「編集オプション」、そして本の販売を促進する為にチラシを配布したり、書店を訪問して営業を行なう「販売促進オプション」等があります。
個人出版サポートとしては、どれも魅力的なものばかりです。
以上からも分かる様に、「ピープレス」の個人出版では、やはり書店流通に力を入れている様です。
尚、印税に関しては、著者が知人などに直接販売する場合は、本の定価の100%が著者のものとなるのですが、書店流通等のオプションを利用した場合は、著者に半額の50%が印税として支払われるシステムです。
posted by K at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 個人出版
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27517199

この記事へのトラックバック