2009年03月11日

個人出版では自分の本が書店に並ぶのか

個人出版の大きな醍醐味の一つが、書店に自分の本が並ぶ事でしょう。
自分の書いた本が書店に並んでいるのを始めて見た時の感動は、書店流通を経験した人しか味わえないものです。
では、個人出版した本は全て書店流通が行なわれるのでしょうか。
答えはノーです。正確に言うと、それぞれの業者の出版プランにより変わってくるのです。
業者には、最初から書店流通を目的としたものと、オプションで付け加える事により、始めて書店流通が可能となる業者があります。
この点は、各個人出版業者のサイトをしっかり確認した上で決めていきます。
ただ、これら書店流通に関しては、ある程度のまとまった冊数がなければ無理で、その他トラブルも多いのが特徴です。
中には、書店流通を売りにしている大手の業者ですら、契約を守らず、大勢の人達の本が出版されていない事態も起きている為、業者の大々的な広告を鵜呑みにするのは得策とは言えません。
現実、個人出版本の場合は、全国流通する書籍は非常に稀で、流通と言うよりは「数店の書店に置かせてもらっている」という感覚で捉えた方が良いのです。
特に、「全国的に書店流通する」とか「どこの書店でも取り寄せが可能」等を謳い文句にしている業者との契約は、一度じっくり考えてから行なうべきです。
posted by K at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 個人出版
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27517202

この記事へのトラックバック